空があんなに高い
歌って踊れるプログラマーを目指して

プロフィール
どんぱん
Author: どんぱん

最近の記事とコメント
トラックバックリスト
カテゴリ
ユーザータグ
過去ログ
メールフォーム

台湾のパンダ本

昨年の暮れ、台湾にパンダが贈られたのに合わせて、パンダの本が何冊か出版されたようだ。
團團圓圓の本
表紙から似ているこの本はどちらも、團團と圓圓の出生から現在までの流れになっている。臥龍の張和民さんがかかわっていて、「パンダ育児日記」みたいな雰囲気。内容も作りもしっかりしていると思う。
「團團圓圓的成長故事」(左)は写真130枚、110ページで、定価NT$249。
「團團圓圓 我的寶貝熊」(右)は写真191枚、136ページで、定価NT$320。
今回利用したのは、台湾の博客來。荷造りがラフで本の帯が少し破れていたが、航空便ですぐ届き、送料も比較的安価(書籍の場合「NT$165+定価の40%」ぐらい。計算式はこちら)だった。
関連記事
スポンサーサイト




どんぱんさん、こんばんわ。
團團と圓圓の本は日本までの送料はいくらくらいでしたか?
とどちゃん 2009/04/11(土) [編集]
とどちゃんさん、こんばんは。
この本を取り寄せたときは、これともう1冊(「呼喊春天 猫熊虎子与我」NT$199。「熊猫虎子」の繁体字版で、写真はカラーでした)を注文して、送料がNT$488でした。今の為替はNT$1が約3円なので、送料自体は1500円ぐらいです。
同じ時期に、ほかにも何冊かパンダの本が出版されたようです。台湾ではパンダを貓熊と言うので(熊猫とは字の順番が逆、マオションという響きが可愛い)、貓熊と熊貓の両方で検索すると出てくると思います。
どんぱん 2009/04/11(土) [編集]
どんぱんさん お返事ありがとうございます。私も注文してみます。できるかな???
とどちゃん 2009/04/11(土) [編集]

※任意
※任意


※入れておくと後で編集できます
管理者のみ閲覧可

help

この記事のトラックバックURL:
カレンダー
2019/10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページナビ
twitter
スケジュール
ピンイン入力
四声数字を四声記号に変換します
(a,e,i,o,u,v(=ü); 1,2,3,4)

リンク集
Copyright 2019 空があんなに高い Some rights reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powered by FC2