空があんなに高い
歌って踊れるプログラマーを目指して

プロフィール
どんぱん
Author: どんぱん

最近の記事とコメント
トラックバックリスト
カテゴリ
ユーザータグ
過去ログ
メールフォーム

中国パンダ旅行1~中国へ

9月22日~25日、四川省に行ってきた。

9月22日(1日目)、移動日。
早朝、よく眠れなかったムーンライトを降りて乗り継ぎ。へろへろになりながら成田空港へ。
新宿駅
空港に着き、ぼけた頭で水を買った。
チェックインしたら「グァンズォウ経由チョンドゥ行きですね?」「??…、は、はい」。ここからもう未知の世界が始まっているのだ。
まだ開けてない水は早速セキュリティチェックで没収。ここで飲むか置いていくかの2択を迫られた。置いていく選択肢があってよかった。
そのほか、コーヒーショップで頼んだコーヒーが出てこなかったり、航空券を落として呼び出されたり。
そして雲の上だ。
雲の上
行きの便は東京発9:50広州着13:35、乗り換えて広州発21:00成都着23:00。
広州まではJAL機(中国南方航空の共同運航便)だったので自席で観られるビデオが充実していた。多分日本では放送されていないAnimal Planetの「Growing Up: Giant Panda (2003)」(43分)を見つけて、心の中で小躍りしつつリピートしまくった(注意:この月の番組)。この話は、成都の女亜女亜が晶晶を産む時の話だ。出産時に唇を血だらけにしてるのでゾッとしたが、唇からの出血だそうだ。
広州白雲国際空港。
広州白雲空港
広州乗り換えで7時間も空く。この時間は中国語の勉強でもしようかと思っていたが、全然その気にならなかった。店が並ぶフロアをうろうろしてたので、ここでは中国語の「ふぁんいんくぉんりん」だけは耳で覚えた。このへんにパンダがいる動物園がそういえばあったなと、ここに降りてから気づいた。下調べしておけば動物園に行って帰って来れたのに、と思ったが、後で調べてみたらタクシーで片道1時間半ぐらいかかるらしく、もし焦りながら行ってたら無事に帰ってこれたかわからなかっただろう。
タクシーに乗る場合は行き先をあらかじめ紙に書いておいて見せるといい。事前に下調べをしておけば、なんとか広州のパンダを見ることができたかもしれない。
「広州」って発音が難しい。「白雲」と言ってくれればわかりやすいのに。
中国語は数字がイーアルサンスーまでしかわからない状態だったので、店で買い物するにもちんぷんかんぷんだった。

夜の23時過ぎに成都双流国際空港に着くと、ガイドさんが出迎えてくれた。久々に日本語を聴いてすごくほっとした。
ツアーなので大勢いるのかと思ったら、参加者は自分ひとりだけだった。このガイドさんも碧峰峡に行くのは地震の後では初めてだそうだ。よっぽど日本からの観光客が少ないのだろう。
IMG_2328.jpg
宿泊先は成都飯店、築24年の少し年季が入ったホテルだ。
IMG_2317.jpg
調度を見るとかなり使い込んだ感じがする。
IMG_2301.jpg
中国のコンセントはこんな感じで、電圧は220V。日本の電気製品のプラグは左のコンセントに挿せる。実際、部屋にあったテレビやスタンドが日本と同じ形の2端子プラグだった。ポットなどの電熱器類は3端子。日本から持っていく電気製品は電圧が海外対応でないと壊れるので注意が必要だ。携帯の充電器は電池式のほうが手軽かもしれない。
ネット接続の設備はなかった。
IMG_2319.jpg
中国の水道水は飲んではいけない。口に含んだだけでも渋い感じがする。硬水なので沸かして飲むのも、腹が驚くのでやめたほうがいいだろう。水は近くのコンビニで600mlが1.5元(約24円)で売っていた。調達は必須だ。
部屋にも飲料水のサーバーがあり(写真左)、ルームサービスで水のタンクをセットすると温水と冷水が飲める。

部屋には浴衣などはないし、スリッパは使い捨てのペラペラなので、部屋着とスリッパは持参したほうがいいかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト




2008/10/22(水) | パンダ旅行 | 旅行 | TB:0 | コメント:3
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2008/10/25(土)
すみません、また碧峰峡に行っていたのでコメントが遅れました。
そう、白雲空港と聞いたらサンディエゴの白雲ですね。(この空港の白雲は白雲区という地名から来ているようです。)
そういえば石石は広州にいたのでした。石石の死はサンディエゴのブログへの書き込み
http://www.sandiegozoo.org/wordpress/default/wolong-relief/#comment-295961
を元にサンディエゴ動物園が確認をとり、ブログの記事にし、中国でニュースになったのはその後だったと記憶しています。
http://www.sandiegozoo.org/wordpress/default/farewell-dear-shi-shi/
今年は悲しいことが多いですが、うれしいこともたくさんあったと思います。
いつもコメントをありがとうございます。
どんぱん 2008/10/27(月) [編集]
こちらこそいつも素敵な記事をありがとうございます。
拙いことにお返事ありがとうございました。
石石のことはサンディエゴのブログの追悼記事で知ったのですが、そういういきさつでしたか。英語は中国語以上に情けないのですが…学校時分に勉強しておけばと激しく後悔しています(笑)
次の記事を見ましたがひょっとして「平」とか「安」にかかわるものかもとドキドキわくわくしています。
rika 2008/10/28(火) [編集]

※任意
※任意


※入れておくと後で編集できます
管理者のみ閲覧可

help

この記事のトラックバックURL:
カレンダー
2020/07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ページナビ
twitter
スケジュール
ピンイン入力
四声数字を四声記号に変換します
(a,e,i,o,u,v(=ü); 1,2,3,4)

リンク集
Copyright 2020 空があんなに高い Some rights reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powered by FC2