空があんなに高い
歌って踊れるプログラマーを目指して

プロフィール
どんぱん
Author: どんぱん

最近の記事とコメント
トラックバックリスト
カテゴリ
ユーザータグ
過去ログ
メールフォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告

RM-PLZ510Dに足をつける

RM-PLZ510Dを分解」の記事を書いたときは、ボタンを指1本で押せるようにするためにゴム足をつけるつもりだったが、適当なやつが見つからなかったので、足を自作した。
自作といっても、割り箸を切って両面テープでくっつけただけだ。
リモコンの足
重要なのは、テーブルに触れる点がボタンの外側(消音、前選局ボタンより外)にくるようにすることだ。そうしないと、端のボタンを押したときにコロンと転んでしまう。また、丸い底がテーブルに触れないように、足をある程度高くする必要がある。

外した電池蓋は、アイディアしだいでいろいろ使い道があるだろう。
おしぼりの皿

作ってみた後で気づいたんだが、足は蓋のほうにつけてもよかったかもしれない。
スポンサーサイト

RM-PLZ510Dを分解

学習リモコンRM-PL500Dを修理して使っている(「リモコンの修理」の記事)。こちらは生産終了で買い足しができないので、後継機のRM-PLZ510Dを買ってみた。前のがほんとにダメになったら、新しいほうを使うことにしよう。

キーとしては、シフトキーが増えたのと、放送切り替えキーが1個から4個に増えた点が違う。キーの配置面積は変わらないが、伏せて置くデザインになった分だけ上下が長くなっている。
底面がかまぼこ状のデザインになってしまい、表向きに置くとぐらついて安定しない。おかしな設計だ。前のやつはテーブルに置いたまま指一本でボタンを押せたのだが、これができなくなったので大変不便になった。
あとで、ゴム足を本体に貼り付けて安定させ、電池蓋はおしぼりの皿として使おうと思う。

分解した状態の写真。左がRM-PL500D、右がRM-PLZ510D。
基板接点面 ラバー接点 基板部品面

前のは使っているうちに小さいボタンの接点が効かなくなる欠点があった。今回のは基板上のパターンが少し改良されている(Y字だった部分が、少し長いパターンになった)ので、少しは寿命が長くなっているかもしれない。
まだ新しいので、ゴム側の導電塗料はしっかりしたつや消し状態だ。だが多分これも前と同じく、使っているうちに劣化してくると思う。ゴムだけを部品として注文できるのかな。
電子部品はほとんど変わっておらず、LEDを3個から4個に増やして感度を上げたぐらいか。マイコン(8bit)は同じくNECのuPD78F0527(S)。

リモコンの修理

学習リモコンのボタンの利きが悪くなってきたが、なんとか復活させることができた。

SONYのRM-PL500Dを使っているのだが、このリモコンの小さいボタンが、使っているうちに利きが悪くなってきた。はじめのうちは指で強く押し込めば利いたが、そのうち爪の先、爪楊枝の後ろ、と押すのが困難になり、最後にはぜんぜん反応しなくなってしまった。
リモートコマンダー RM-PL500Dリモートコマンダー RM-PL500D
()
不明

商品詳細を見る

どうにかして直そうと、とりあえずねじを外してパカッと開けてみたら、

≫続きを読む
| |
カレンダー
2019/07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページナビ
twitter
スケジュール
ピンイン入力
四声数字を四声記号に変換します
(a,e,i,o,u,v(=ü); 1,2,3,4)

リンク集
Copyright 2019 空があんなに高い Some rights reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powered by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。